スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ETC取り付け

車用ETCをバイク、つまりは2輪に取り付ける

法律違反?いやいや、セーフ?とか色々審議されてる4輪用のETC流用。
細かいことは他のページにお任せします。

参考ページ
http://gioca.sakura.ne.jp/catherine/favorite/hobby/xlh883-7.htm

簡単に言うと、たとえば大型で普通車登録して安く通行すると不正
軽4輪と2輪は料金同じなのでOKじゃねーの?という見解です。

ETCの本体の改造自体が禁止されてるのでそれもアウトなんですがね。
まぁ今のとこ捕まったとかいうニュースは聞かないんでやってみます。
2輪用がもっと安くなってくれれば考えるんですがねぇ。

用意するもの
4輪用ETC(アンテナ分離型を今回は使用)
固定用ステー(今回はアルミ板を使用)
両面テープ(ベルクロと通常の両面テープを使用)
タイラップ

まずはステーの型紙を製作します。
DVC00157[1]

簡単でいいです。ただ、これをしっかり作っておくとあとで楽です。
実際につくるとイメージもわきやすいし、干渉具合もわかりやすい。

アルミ板に型紙の寸法で書いていきます。
ケガキ針とかですると職人っぽい気分に浸れますが消したりができないので
僕はえんぴつで書きました。
1.5ミリ厚のアルミ板です。ホームセンターで・・・500円くらい?高い!


DVC00156[1]

円部分はキャップなんかを利用してかきました。
どうせ線どおりに切れないからあまり気にするこたないんですけどねぇ。

切り出します。
DVC00155[1]

画像がたてになってしまいました。修正もめんどいのでこのままで。すみませんねぇ
切断は糸鋸を使用。グラインダーもってるんだからそれでしろって?
寮だからもって来てないし、あんな音だしてたら迷惑じゃ。
この時点で曲げました。あとからだと曲げにくいきがしたので。
直角にまげるか曲線的に曲げるかですが、直角だとそのまま折れそうなので
タイヤ止めのブロックの曲線を利用してゆるーくまげました。それっぽいぜ。

円部分も切り出します。
DVC00154[1]

折れながらがんばりますが2本目もここで折れたので糸鋸は終了。

折ります
DVC00153[1]

薄いアルミってこういうとき便利だね。
さくっと折れちゃう。

更にきります。
DVC00152[1]

カッターで切り込みをいれてぱきぱき折っていきます。
直線ならこっちのほうが綺麗かも(笑

仕上げ
DVC00151[1]
両方切ったらヤスリでバリをおとして終わり。
いや、まだ穴あけてないんだけどさ。

穴あけて取り付け
DVC00150[1]
スクリーン裏側に来ます。
メーター取り付けネジを利用。

DVC00149[1]
わかりにくいけど曲げ具合

あとはベルクロではりつけ
DVC00148[1]
スクリーンをつけたたら本体の固定は完了だよーん。
アンテナ一体型ならあと電源線をいれたらOKですね。
僕のは無駄に分離型なのでアンテナ線の加工をします。

DVC00147[1]

シールド線を剥いて中の芯線を半田付け
あとはシールド線と接触しないように絶縁してOK

DVC00146[1]

ね。外は熱収縮チューブ。


完成後の写真等がないので後で追加しますが電源系の話。


ポジションランプ等からとってもいいですが純正ハーネスに傷をいれたくなかったのでヒューズから
電源を取ることに。

http://www.amon.co.jp/diy/diy_guest/dentori_fuse.php

こんなん。
エーモンから出てるミニヒューズの10A。挟んであるヒューズは5Aのタイプで、ホーンのヒューズからぶんどりました。
自分で半田付けしてもぜんぜんOKです。ヒューズとヒューズBOX代で考えたらこっちのほうが安かったんで
今回はツルシの商品を使用しただけです。
向きを考えてつけるとヒューズが切れても切れなくなります(意味わかんない?)
ぼくですか?適当です。わかっててするからいいんです。多分・・・


本当は、ETCだけでなくシガーソケットもつけるつもりだったんですが・・・
購入したETCはシガー加工済みだったのですが結線があまりにもひどいのでシガーを取っ払ってしまいました。
なので今回はソケットはつけません。そのうちつけます。
人がしたものなんて信頼しちゃいけません。素人相手ならなおさらです。プロでも怪しんで見てる僕なのです。
お前はそんなにすげぇのかって?勿論ぼくも怪しいです。人に言われて気が付くことばっかりです。
Wチェックが大事なのです。

そんなわけで、ひとまず完了ー。
細かい記事修正は後日ー






スポンサーサイト

2010年10月31日 ZX10R トラックバック:0 コメント:0

セッティング(自分用メモ?)

06年式 D型 ZX-10Rのサスセッティングについてです。

dag.jpg


現在のセッティングは
遊風社「bikers station」 2006年12月号のセッティングです。
10R購入時に一緒にオークションで探して購入しました。

それからしばらくして会社の定期修繕工事でしりあったおっちゃん(それ以前にも一緒にお仕事したんですけど)
から10R用のアサヒナの触媒ストレート管と一緒に
八重州出版「モーターサイクリスト特別編集 エッジで走れ!!」と
内外出版「BIGMACHINE 増刊号 10年飽きない愛車に仕立てる」を譲ってもらいました。

10R以外の車種も多数(というより国内SS,ビックネイキッド等)多年式に渡って
様々なセッティングがのっています。
是非、買ってみてください。愛車の新しい一面が見えてきますよ。



とか、もったいぶったこと書いてないでコレに記載されているセッティングをメモしておきます。

まず、カワサキオーナーズブックに記載されている出荷時の標準セットから


減衰伸び側 10段戻し(右に一杯の位置から反時計回り)
減衰縮み側 10段戻し(同上)
スプリング・プリロード 17ミリ突き出し
ステアリングダンパー 18段(右にいっぱいの位置からはん時計回り(最弱))


減衰伸び側 2回転戻し(右に一杯の位置から反時計回)
減衰縮み側 4回転戻し(同上)
スプリング・プリロード 179ミリ(記載無しの為バイカーズステーションから引用)

空気圧 2.5/2.9キロ (前/後ろ)

バイカーズステーションはオーナーズブックとまったく同じですが
他2冊はフロントプリロードが異なります。それだけを記載しておきます。
おそらく中古車両で手が入った後のものを使っていたのでこういうことになったのだと思われます。

10年飽きないの標準
フロントプリロード以外はオーナーズマニュアルと同じ内容
スプリング・プリロード 11ミリ突き出し

エッジで走れの標準
フロントプリロード以外はオーナーズマニュアルと同じ内容
スプリング・プリロード 最強から13段戻し

では、様々なセットがありますが特によさそうと感じたもののみ書いておきます。
実際にはまだ試してないので憶測なんですが・・・

バイカーズステーション


減衰伸び側 4段戻し(右に一杯の位置から反時計回り)
減衰縮み側 4段戻し(同上)
スプリング・プリロード 13ミリ突き出し
ステアリングダンパー 18段(右にいっぱいの位置からはん時計回り)


減衰伸び側 1-1/2回転戻し(右に一杯の位置から反時計回)
減衰縮み側 1-3/4回転戻し(同上)
スプリング・プリロード 181ミリ

空気圧 記載無し

現状ですね。倒れやすくなったような・・・?
まぁ俺にはわからない話です。気にしない!

10年飽きない


減衰伸び側 6段戻し(右に一杯の位置から反時計回り)
減衰縮み側 5段戻し(同上)
スプリング・プリロード 14ミリ突き出し
ステアリングダンパー 12段(右にいっぱいの位置からはん時計回り)


減衰伸び側 半回転戻し(右に一杯の位置から反時計回)
減衰縮み側 3回転戻し(同上)
スプリング・プリロード STDから1.5回転戻し(STDの記載無しの為おそらく179ミリから)

空気圧 2.2/2.7キロ

随分違うね。次はこれやってみようか。

エッジで走れ

減衰伸び側 8段戻し(右に一杯の位置から反時計回り)
減衰縮み側 10段戻し(同上)
スプリング・プリロード 最強から5回転戻し突き出し
ステアリングダンパー 記載無し


減衰伸び側 2回転戻し(右に一杯の位置から反時計回)
減衰縮み側 4回転戻し(同上)
スプリング・プリロード 179ミリ

空気圧 2.5/2.9キロ

一番純正に近いセットだ。あまり面白くなさそうではある。やってみないとわかんねぇけど。

とりあえず、これでOK!これからは出先でセッティング変えられるね!

2010年10月07日 ZX10R トラックバック:0 コメント:0

根本的な事

何年たってもやってることは同じなのです。
手段や中身は違っていっても、少なくとも僕は何もかわってないみたいです。

何が言いたいのかっていうと
14.jpg

黒いバイク、そして白いホイールはかっこいいと信じてやまない僕は
さらに10Rに貢いでしまうのであった。

13.jpg

どや

12.jpg



ゲイルスピードのタイプRです。
ハブダンパーが弱いから部品代で泣くとか
ぶっちゃけ長い目で見ればマルケとかJBのほうが安上がりとか
つーか純正と大して重量かわんねーとか
最近じゃ猫も杓子もみんなゲイルだから普通すぎるとか


・・・まぁ色々あったけど私は元気です。
じゃなくて黒に白のコントラストがすっげすぽーてぃだよね!
喜び勇んで帰って置いてたら親父に
「お前が前乗りよったTZR50Rんごた」っていわれちまったい!
つーかgalmにも前の日記のコメントでTZR50Rカテゴリは伏線とか言われる始末だよ!
単純に一個前の記事のカテゴリはまちがっただけだっつーの!






よーするに17歳の頃から現在の21歳に至るまで根本の趣味は変わってないってぇ話でした。

社外ホイールが気になる方もいらっしゃるかと思いますので簡単にインプレなぞ。

ゲイルスピード タイプR カラー パールホワイト

重量
純正と持ち比べてもわからなかったです。その程度の違いです。
部品屋のおっちゃんは「けっこう違うねぇ~」とか言ってたけど信じません。

品質
気にならないので良いと思います。
目的の違いだとは思うのですが純正には必ずついてるホイルベアリングのところのダストシールが
ゲイルにはついておりません。シールドタイプのベアリングなので問題ないとは思うんですけどね。
要するに純正のつくりはすごいって事ですね(品質や作りこみがね)
ハブダンパーですが噂に違わず小さいです。どれくらい持つかはこれからですな。

体感
変化なし。
少しは軽くなったんでしょうから違いのわかる人ならわかるんでしょうけど・・・
僕にはわかりません。少なくとも悪くはなっていません。
ちゃんとまっすぐ走ってちゃんと曲がります。

その他
やっぱり白ホイールは汚れが目立つ
チェーンはRKのブラックスケール。やっぱ黒チェーンかっけぇ。
スプロケはアファムのゲイル専用品でブロンズ色。いいね。


そういう内容でした。

2010年08月31日 ZX10R トラックバック:0 コメント:2

童話迷宮

がんばるとき つらいとき
夢が紡ぐお話が好き
だって素敵だわ 私いまは童話のなか
CIMG0646[1]

マフラー変えたZE!

DVC00047[1]
タイヤ替えたZE!

fywpy735-img600x450-1275403135eiydsi1602.jpg
インナーフェンダー変えたZE!

chokolectricity-img600x600-1276670752huwo1666017.jpg
お洋服買ったZE!

39420487_3907758263.jpg
下駄買ったZE!


・・・とまぁ順調にお金使い込んでます。
乗る暇あるの?って?
無いよ!10Rに乗る為だけに1日唐津に帰ってる現状だよ!

DVC00048[1]
藤田はアクラポのフルエキを投入とか脳みそ逝かれてきてます。


CIMG0632[1]

おしまい

・・じゃ、駄目?
じゃあちょっと書きます。色々あって書くこといっぱいでももう覚えてない。

僕は今大分で仕事についてるのですが定期修繕工事とかいう毎年やってるでかい工事を
やってるわけです。(もう終わる寸前なんですけど)
で、残業いっぱい死にたいナー残業100時間になって嬉しいわけ。
そんなわけで休みなんてあるわけも無くストレスは物欲に向かうわけです。
で、この状況。KLXとか買っちゃってるし。買ってよかったけどさ。
たまの休みは超貴重。日曜が休みとかだと土曜残業後から3時間掛けて帰って10Rに乗るわけですな

ここからはインプレに入ります。
画像1
マフラーはアサヒナレーシング製の10R用スリップオン管で
06年式では数少ないダウン管に出来る素敵なスリップオン。
概観ではすっげうるさそうですけど意外に静かなマフラーでお気に入りなのです。
ちなみに触媒も同社のフルストレートに交換してるので純正はタコ足部だけだったり。
純正がチタンなので一応フルチタンです。(サイレンサーもチタンにしてみました)
排気デバイスですが・・ワイヤーを取ってサーボモーターを空回りさせています。
モーターを取るとコンピューターがエラーコードを拾うのでモーターは残しました。
排気デバイスはもちろんありません。

画像2
タイヤはミシュランのパイロットパワーピュア
人生初のお店でタイヤ買ってタイヤ交換。早いし楽だしすげぇ。
今まで全部自分でしてたからね。
乗り心地は感動した。やっと10Rが俺の10Rになった感じ。
純正のクォリファイアもいいんだろうケドとにかく感動した。
はじめてDIOのプーリー交換したときくらいの感動って言えばいいのか?

画像3
まだ付けてないんだよねー
メーカーはピラミッドでFRPの黒ゲルコート

画像4
イエローコーンのサマージャケット
これもまだ届いてないの

画像5
KLX250ES
親父と電話してたらオフが欲しいよねーってことになり購入
サイレンサーはRSV。キャブはTMR。リアショックはオクムラと車体はかなりしっかりしてたのですが
いきなりのエンジントラブル。オイル下がり。ステムシール打ち変えで直ったけど。
でもかなり面白いバイクです。買ってよかった。10Rのタイヤ並みに買ってよかった
親父が楽しそうだからそれが一番うれしかったかな。
珍しくミラーとかシートバッグとか色々買い込んでたしね。



RZ250Rは今大分で僕の散歩に付き合ってもらってます。
KLXとか10R、ゴリラにDIO
これだけあると乗らないバイクも出てくるわけでRZRがその乗らないバイクになってきていたので
大分にはRZRを持ち込みました。
タイヤ替えたりとか色々したいですけどコイツとはノンビリやっていきますかな・・・

じゃ、本当におしまい。



2010年06月19日 ZX10R トラックバック:0 コメント:0

ZX-10R

zx10r2.jpeg

最近写真使いまわしで申し訳ない。

今回はZX-10Rについてだよ。
mixiで以前書いたインプレをまずコピペ
赤文字はmixiで書いたインプレ以降の現在の話

ZX10R 06 マレーシア仕様
走行距離1020キロの車両を購入
現在1700キロ現在1900キロ超
規制解除無し現在カプラーカット済み
MRAスクリーン
クレバーウルフカーボンタンクパッド
デイトナフェンダーレス

低速
もともとRZRに乗っていたせいかトルクもりもりに感じていたが
乗っているうちに低速の弱さを感じた。
発進時にエンストしそうな勢いです。
インジェクション車は煽ると誤作動も起こしやすいそうです
GSXもR1も同じように低回転は弱いみたいなのでこれはSS特有なのかな。
ま、1000ccで175馬力を発生させるエンジンだから下はなくて当然な気も・・・
VTECが2000ccで200馬力くらいだからね・・・

ようは慣れ

中速
4000~6000回転ということにします
6500回転6速で約160キロくらい。
十分過ぎるくらいです
流石に不満は無いです。

高回転
まだ8000までしか回してないので一気に加速したときの
感想を。
3、4速位でスロットルをパコッとあけるとくらっときます(謎だ
でメーターみたらもう150くらい
ここまで2秒とか3秒の世界なのでしょうか
数えたことないですがまぁとにかくすげぇ加速です。
1、2速でこんなことすると多分浮くんだとおもいます。
まだ空はみてませんがそれでもフロントはフワつきますね

カプラーカット実行
一万回転でかかるリミッターが解除された。それ以外は変化していない気がする。
3速60キロ程度で流してる時にアクセルを全開に絞り上げる。
回転数は2000rpm程度からぐぐぐっと吹けあがっていき突然ぬるっとフロントが浮かぶ。

はっきりいって直線が怖いと感じたのは初めてだった。
直線さえあれば300なんて余裕だ。あけるだけだし。とか思ってた。
CB1300SFで230~240位なんて「うっひゃw速いwおもしれぇww」だったけど
あれはゆるゆると加速していったからだ。
10Rは違う。その速度はまだ加速途中なんだ。
少しの段差で巻き上がりそうなフロント。遠くに見えてたはずの車はもうすぐにでも迫ってきそうな感覚
まだまだ俺にはコイツの力を引き出す根性は無いのが正直なところです。



町乗り
僕は苦痛には感じませんね。
ハンドルもRZRより低いしケツがやたらめったにあがってるもんで
ポジションがすごい(はじめて乗った時はびびりました)
でもすぐなれます。RZRと違ってメーカーがちゃんと考えて作ってるんだと思います。
RZRも慣れたらいいんだけどね・・マックレーンバックステップにR1-Zの純正ハンドルは正直すげぇポジション
腰は3時間くらい走ると痛くなるかな・・・
それ以上にち○こが痛いです。
前に滑って行ってタンクに押し付けられるもんで・・・
水温は軽い渋滞でも90℃以上にあがります。
まだ100℃は見てないです(97℃くらいからいつも落ちていく)
ストーブを抱えて走ってるとよく言われますが
冬場なのであったかいとしか思いませんが夏場は確かにすごそう。

ツーリング
快適ですね。
200キロツーリング位ですがRZRより疲れません。
これは新しく買ったジャケットの効果が大きい気も・・・
でも大型は疲れないってのはマジでした。
航続距離は結構あると思いますがエンプティランプが早いです
170~175キロで点灯してすぐに満タンにすると11リッター位しかはいりません。
ちなみにタンクは17リッター
つまり燃費はリッター16前後と良好です。
別に燃費運転とか考えないで好きなときにあけて走ってなんで
良い事だと思います。
ジャケットの効果が大きいのでした。
ゴリラで同じジャケットで走りにいったんですが随分楽だった。
ただ、やっぱRZRより楽なのは間違いないですね。



とらぶる
FIランプが点滅
買った次の日に点くと流石に凹みます
エラーコードは確か62か68だったような
排気バルブデバイスの誤作動
エラーコードのみかたはオドメーター表示でクリアボタン長押しです
高回転しか動かないバルブなので固着しかけていたかもという見解です。
この後も再発。赤男爵にてデバイスの清掃実施後はエラーは起きていません。


こんな感じ。
この前規制のカプラー抜きました。
まだ走ってないから楽しみじゃ


いまだに乗り方がわかりません。
フロントブレーキをかけるとむちゃくちゃに前加重になるので
加重移動の激しいバイクなのだろうか。
とりあえず親父のZRX1100と友人のVTR1000にはぶっちぎられた。





と、まぁこれがへタレ10Rのインプレです。
馬力に完全に踊らされています。
そんなのおいといて今後の話。

・シートカウルカバー
純正のタンデムシートと交換するシングルシートカバー
誰も乗せないからそれでいいのだ

・アサヒナレーシングスリップオンサイレンサー
シート下のマフラー達を消すにはこれしかない。
・・・いやマジーとかもダウンタイプは作ってるけどね。
日本製はアサヒナくらいだね。

・ミシュランパイロットパワー2CT
今のタイヤはダンロップのクォリファイアーだったかな。
ま、交換はまだまだしなくていいくらいたっぷりあります。それよか腕きたえてきます。

・メンテナンススタンドフック
Jトリップのフックをそのうち・・・

・ガラスコーティング
車体色黒につき磨き傷がぁああ
コーティングは早めにしたいですね。

・HID
僕は夜目が利かないので死活問題なのです(そのくせ夜走ることが多い)
RZRのHIDでナイトランが大好きになったので早く導入したいところ。
つーか僕の乗る乗り物は全部HIDにしてしまいたい。




とまぁこれにて10R の紹介も終了。

残りはマーチ、RZR、DIOです。

2010年01月12日 ZX10R トラックバック:0 コメント:3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。